私たちの生活がコロナ禍にさらられて早一年半が経とうとしています。この間に「緊急事態宣言」が3回発令され、人々は集うことを著しく制限されました。特にこれまで日常的に行われてきた友人、同僚、家族との飲食や会話の制限によって、自由であることのありがたさを身にしみて知ったことと思われます。と同時に「口(クチ)」がいかに私たちの生活の中で大切な働きをしているかを痛感したことと思います。
 
 歯科医療で扱っているう蝕(ムシ歯)や歯周病は、一般的に治癒するように思われていますが実はそうではありません。う蝕は歯の最表層のハイドロキシアパタイトという塩基性のリン酸カルシウムと酸が中和反応することによって起こります。この中和反応によって消費された塩基性のリン酸カルシウムは補填されることが無いためプラスチック、セラミック、金属などの材料によって補填せざるを得ません。つまりう蝕治療のゴールはオルタナティブによる「擬似治癒」であって、いわゆる「治癒」ではないのです。歯周病も原因部位である歯肉溝が口の中という体の外に開いていること、歯(硬組織)と歯肉(軟組織)の結合は不安定であることから、ここに大きなトラブルが発生すると、治すというよりも歯が抜けていくことをできるだけ遅くするより手立ては目下のところありません。このため歯科医療では特に「予防」が重要となるのです。
 
 虫歯に治癒はありませんが、人間の歯は、長い人生の中で1度だけ生え変わります。一度生え変わってしまうと、もう次はありません。当医院のマークである「toothfairy」には、こうした状況にあっても、日常生活の中で欠かせない器官でありながら、ともすると軽視されがちな「お口の健康」に、改めて「大切にしませんか」という思いを込めています。

木下歯科医院 院長 木下 亨
1958年 長野県出身
1984年 日本歯科大学卒
1984年 東京医科歯科大歯学部 第一補綴学教室
1986年 東京医科歯科大学医用器材研究所(現生体材料研究所) 有機材料部門
1990年 日立製作所勤務経て
1993年 杉並区西荻窪に木下歯科医院を開業

当院のスタッフの紹介

歯科医師

木下 亨  診療日 月火木金(土曜、日曜不定期)

杉山 恵美 診療日 月火水木(定期)と午前中と土日(不定期)

森 良之(口腔外科) 診療日 偶数月第四日曜日(変更あり)

堀田 邦孝(矯正) 診療日 第四土曜日午前、月曜日午後(変更あり)

加藤  元      診療日 第四日曜日(変更あり) 

木下 香央梨(口腔外科) 診療日   月水金(定期)と土日(不定期)

木下 直哉(口腔外科) 診療日 土日(不定期)

山本 志織 診療日 土日(不定期)

奥村 拓真 診療日 土日(不定期)

t.o.h ORAL CARE PLACE 歯科衛生士、ホワイトニングコーディネーター

奥 麻衣子

橋間 珠美

白石 夏美

増田 由香

事務長

中山 みゆき